ジーイークリエーション
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーイークリエーションがお送りする『ぷちブログ』

『今ない未来は自分で創る』日々の気付き、ちょっとした疑問、役立つ情報などを浅く・広く発信するブログ

寝ている時に「ビクッ」とする現象

ぷち情報
おはこんばんにちは、GEクリエーションです

電車の移動中や、学校での授業中にうたた寝をしている時、

気持ちよく寝ていたと思ったら、急に階段から踏み外したように

体が”ビクッ”となったことってありませんか???

意外にも恥ずかしい気がするこの現象・・・ですが

今回は、この現象について書きたいと思います^^

この現象はいったい何?

寝ている時に”ビクッと、無意識になってしまうこの現象。

”寝ビク”なんで呼ばれていたりもするみたいですが、実は

ジャーキングという名前の現象だそうです。

 

ジャーキング」は入眠時に無意識に起こる筋肉の痙攣のことで、

ミオクローヌスという筋肉の不随意運動の1種です。ミオクローヌス

は自分の意志とは関係なく瞬間的に起きてしまうので、自分の意志

で止めることは難しいと言われています。

 

どうして起こるのか?

はっきりとした解明はされていないようですが、疲れが溜まって

いたり、寝心地が悪い状態で寝ていたりすると起こりやすくなる

そうです。電車や車の中などでは、不安定は体勢で寝ていること

が多いため、”ビクッ”となることが多いんですね。

 

人間は眠りに入ると筋肉の緊張がほぐれるため、不安定な状態で

寝ていると脳の身体のバランスが崩れていると錯覚しています。

そこで脳は身体のバランスを保とうと手足を急に動かそうとする

ことで筋肉が緊張してしまいビクッとなってしまうと考えられて

いるそうです。

 

どうすれば予防できる?

身体の披露を取り除くことが大切です。

疲労には、肉体的疲労と精神的疲労の2種類があるので、この両方

の休息を取るといいですね。

 

具体的には、肉体的疲労には38度くらいのぬるめの湯船に20分く

らいゆっくりと浸かったり、マッサージするのがオススメです。

精神的疲労には好きな音楽を聴いたりアロマを焚いたり、エステに

行ったりすると気持ちがリフレッシュできますし、疲労の予防にも

なります。

 

ただ、どうしても電車の中では無理な姿勢のまま寝ていることが

多いため、完全にジャーキングを予防することは難しいでしょう。