ジーイークリエーション

ジーイークリエーションがお送りする『ぷちブログ』

『今ない未来は自分で創る』日々の気付き、ちょっとした疑問、役立つ情報などを浅く・広く発信するブログ

『簡易呼吸法』の紹介

おはこんばんにちは、GEクリエーションです

どうしても、仕事や対人関係などからストレスを感じる場合があると思います。

そこで問題になるのが、『呼吸が浅くなること』です。

特にデスクワークが多く、長時間にわたって背を丸めた姿勢でディスプレイを

見つめていると、それが習慣化します。

呼吸の浅さは、かたや首のコリ、体のダルさ、イライラなどにつながるとされる

ため、軽くみてはいけません。

緊張やストレスとうまく付き合っていくカギを握るのは、自律神経だ!!!

緊張すると汗をかいたり、心臓がドキドキしたり、血圧があがったりするのも、

この神経の働きによるものです。ただし、自律神経は自分の意志とは無関係に

働きます。従って、「うまく付き合う」といっても、その方法は分かりにくい。

しかし、

自分の意志で自立神経をコントロールできる方法が

あります。それが「呼吸」です。 

不安や緊張が続くと呼吸は浅く早くなり、リラックス時には深くゆっくりと

なります。このように、心の状態と呼吸は影響し合っています。浅い呼吸は

「胸式呼吸」といわれるもので、楽にできるが新鮮な空気を取り込みにくく

体内の酸素交換も十分ではありません。一方、深い呼吸は「複式呼吸」で、

 1回の呼吸で出し入れする空気の量は胸式の3倍以上あるとも言われています。

多くの酸素を体内に取り入れることができるため、ハイや心臓の負担が減り、

血圧を上げないというメリットもあります。さらに腹式呼吸は横隔膜を動か

すため、内蔵がマッサージされ、生体機能の低下を防ぎ、全身の血行促進に

も効果があると言われています。

今回紹介するのは、ルーシーダットンの基本となる複式呼吸。

仕事や家事の休憩時間の合間に取り入れて見て下さい。

【手順】

 ① まず背筋を伸ばす

 ② 複式呼吸を使って8秒かけてゆっくり鼻から吸う

 ③ 5秒かけて口から吐く

 ④ これを1セットとして5回を目安に行う

注意点:口での呼吸はウィルスを取り込みやすいため、吸うときは必ず鼻で行う。

普段のセルフケアの一つとして、心と体を整えてみてください^^