ジーイークリエーション
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーイークリエーションがお送りする『ぷちブログ』

『今ない未来は自分で創る』日々の気付き、ちょっとした疑問、役立つ情報などを浅く・広く発信するブログ

関ケ原の戦い

みなさんこんにちは

すっかり紅葉も見頃になり、

肌寒い季節になってきました

 

416年遡り、寒い季節の今日

暑い戦いが行われ1つの時代が終わりを迎えたのです

 

みなさんもよくご存知の関ケ原の合戦」

現在の岐阜県不破郡関ケ原町を主戦場として行われたこの合戦は

戦国時代の終わりと共に江戸時代の幕開けとなりました

 

天下統一を果たした豊臣秀吉亡き後、

内部分裂した事をきっかけに東西の両軍が

合わせて兵力18万を超える壮絶な決戦となりました

 

ご存知のようにその後、この決戦に勝利した徳川家康率いる東軍

豊臣秀吉の最も近い家臣であった石田光成率いる西軍

今もなお語り継がれる歴史的一戦となりました

 

◆東軍

徳川家康、浅野幸長、福島正則、本田忠勝、細川忠興井伊直政

 

◆西軍

石田三成小早川秀秋宇喜多秀家、毛利秀元、島津義弘、長曾我部盛親

 

勝敗の決め手が小早川秀秋の裏切りであった事は有名な話です

小早川秀秋が戦場に立ったのはわずか18歳

しかし、関ケ原の戦いからわずか2年後

21歳の若さで急死をしたそうです

 

裏切ったことで西軍の武将からの祟りによって

死亡したという逸話も残っているそうです

 

一時代の終わりと始まりはわずか18歳の当主の決断でありました

その決断の重さは計りしれないものがあったはずです

 

何かの決断に迷われている方も思い切って

自分の決断を信じて進んでいって下さいね