ジーイークリエーション
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーイークリエーションがお送りする『ぷちブログ』

『今ない未来は自分で創る』日々の気付き、ちょっとした疑問、役立つ情報などを浅く・広く発信するブログ

ボジョレーヌーボー解禁!

みなさんこんにちは。

11月も下旬となり、そろそろ忘年会シーズンですね!
お酒を飲む機会が増えると思いますが、飲み過ぎには注意したいところです。

さて、先日の11月19日にボジョレーヌーボーが解禁となりましたね。
解禁日は毎年11月の第3木曜日と決まっているそうです。

普段、ワインをあまり口にしない人にとっては、
そもそもボジョレーヌーボーとは普通のワインと何が違うのか
そんな疑問を持たれる方も少なくないようですね。
ワインの種類の違いと思っている人も多いようですが、ボジョレーヌーボーとは、
その年の葡萄で最初に作るワイン
のことを言います。

フレッシュさを売りとする反面で製造側にとってはその年の葡萄の品質を確認するという意味も持っています。
飲む側にとって普通のワインと大きく異なるのは、普通のワインは冷やしすぎると渋みが増してしまうのに対して、
ボジョレーヌーボーの場合は冷やして飲む方が美味しくいただけます。
また、保管についても通常のワインは寝かせれば味が出ると言われるのに対して、
ボジョレーヌーボーの場合はフレッシュさが売りなので、解禁から2、3ヶ月以内が一番美味しく飲めるそうです。
逆にそれ以降は、ボジョレーヌーボーとしての価値や魅力はなくなってしまうと言ってもいいでしょう。

ボジョレーヌーボーには等級があり、下から順に、
ボジョレー」
ボジョレースペリュール」
ボジョレーヴィラージュ」
となります。

ボジョレーヴィラージュはボジョレー地区の中で、特にレベルの高い村で収穫したぶどうだけで造ったワイン。
一般的に、ボジョレー」「スペリュール」味の違いはほとんどないそうです。
ですが、ボジョレー」「ヴィラージュ」味の違いは、かなりはっきりとしています。

たいていの銘柄は、「ボジョレー」と「ボジョレーヴィラージュ」の両方の種類が輸入されています。

毎年、ボジョレーヌーボーの出来栄えにはキャッチコピーがつきますが
2015年は、
「記憶に残る素晴らしい出来栄え」
に決まったようです。
ちょっと飲んでみたくなりますね☆