ジーイークリエーション
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ジーイークリエーションがお送りする『ぷちブログ』

『今ない未来は自分で創る』日々の気付き、ちょっとした疑問、役立つ情報などを浅く・広く発信するブログ

台風@ハリケーン@サイクロン

ぷち情報
おはこんばんにちは、GEクリエーションです

ただいま、「台風」が日本を横断していますが

高知では、先週末からの記録的大雨の降水量を加えると、

なんと1400ミリを超えているところもあるそうです。。。

今回は、その「台風」について調べてみたいと思います。

「台風」のはじまりは、赤道近くの温度の高い海で生まれた「熱帯低気圧」

と呼ばれるものです。次第に勢いが強くなり最大風速約17m/秒を超えるもの

「台風」と呼びます。強い風と激しい雨で被害を与えることもしばしば

あります。

似た単語で温帯低気圧というものもあります。しかし発達するエネル

ギーの元が違うので、風速20m/sを超えようが「台風」とは命名されません

表現としては、「台風並みに発達した」や「爆弾低気圧」と呼ばれます。

風速と感覚の被害

風速10m/sなら、樹木が激しく揺れ、雨傘が壊されるくらい。

風速15m/sなら、取り付けの悪い看板が飛ぶことがあるくらい。

風速20m/sなら、体を60度くらいに傾けないと立ってられないくらい。

風速25m/sなら、屋根瓦がとばされ、樹木が折れ、煙突が倒れるくらい。

風速30m/sなら、雨戸や屋根が飛ばされ、しっかりしていない家は倒れるくらいです。

台風の仲間たち

そして、発生する場所によって「台風」は呼び名が変わります。インド洋付近で

発生したものを「サイクロン」、アメリカなど大西洋北部付近で発生した

ものを「ハリケーン」と呼びます。ただ、「ハリケーン」は最大風速が

33m/s以上の場合に限られるため、とても協力で大きいものと言えます。

また、日本では「台風」には1号、2号と号数で名前を付けますが、アメリカでは

ハリケーンに「アンドリュー」「イザベル」など人の名前を付けるみたいですYO

f:id:ge-creation:20140809132937g:plain